ストーカー対策について

ストーカー対策について

「被害が降りかかる前に、一刻も早くご相談を」

ストーカー行為はエスカレートするものと思って間違いありません。なるべく早期に対処し、ご本人や家族の身を守りましょう

ストーカー調査・ストーカー対策

ストーカー調査・ストーカー対策

つきまとい行為から始まり次第にエスカレートしていくのがストーカーです。
家具の位置が微妙に変わっていたり、帰宅直後や入浴中に電話が鳴ったりした場合は、盗聴器・盗撮器を仕掛けられている恐れがあります。
身近な人だからと安心して相談していたら、相談相手が犯人だったという事例もありました。

おかしいと感じたらどんな事でも記録を付ける様にする事が大切です。
「ストーカー法」が制定されたことにより、ストーカー犯罪が一般的に認識され、警察が介入できるようになりました。
しかし、確たる証拠がないと警察もなかなか動いてはくれません。

ストーカー行為規制法

  • つきまといや待ち伏せ、見張りをする。
  • 行動を監視していることを告げる。
  • 面会・交際を要求する。
  • 無言電話をかける。
  • 著しく粗野、乱暴な言動をする。
  • 汚物や動物の死骸などを送る。
  • 著しく名誉を害することを告げる。
  • 性的羞恥心を害することを言ったり、文書・図書を送る。

※被害者から告訴があった場合、加害者に対し、 6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金を科すことができる。

※警告や中止命令に従わない場合には処罰が重くなり、 1年以下の懲役または100万以下の罰金になる。

ストーカーによる被害期間

ストーカーに目をつけられると、長い付き合いになると言われます。
全体から被害の期間を割合にすると、右に記したようになります。

1ヶ月~6ヶ月47%
6ヶ月~1年23%
1年~2年26%
2年以上4%

ご相談事例

元交際相手からのストーカー被害対策調査

25歳女性会社員からの相談。
元交際相手から執拗に復縁を迫られていたが、少し恐かったのではっきりと断ることができなかった。会社や自宅、その最寄駅で待ち伏せされたりとエスカレートしてきたので、警察に相談し、復縁の意思が無いことを伝えた上で警察から警告もしてもらった。少しの間は何も無かったが、自宅や会社に誹謗中傷の手紙が届いたりするようになった。何とか元交際相手がしていることの証拠を取り、ストーカー行為を止めさせたい。

知らない相手からのストーカー被害対策調査

27歳女性飲食店勤務からの相談。
相手は全くわからないが、勤務先に電話が掛かってきたり、自宅のポストに想いを綴った手紙が入っていたりすることから始まり、最近では日々の服装や髪型、バッグ等についても触れる内容になっており、恐怖を感じる。警察にも相談したが、実被害が現時点では無いことから、相手を特定する為の動きはしてくれず、パトロールを増やすとしか言ってもらえない。何かが有ってからでは遅いので、相手を特定する証拠を取り、警察に持って行きたい。

ストーカー調査の無料相談はこちら

平凡だけど穏やかな暮らし、それが一番の幸せだと当社は考えます。

0120-003-097 お見積もりご相談は無料です。

  • 01.信用第一

    ご相談の内容や調査結果等、業務上知り得た秘密を厳守することは、法律によって定められていることです。 つまり、そのこと自体は、調査会社にとって当たり前のことなのです。
    その上で当社では、全従業員に対しての教育を徹底し、秘密保持に関しての誓約書を取り交わしています。また、入社の際には身元保証人を定め、身元保証書の提出を義務付けています。
    秘密が外部に漏洩することは絶対にありません。

  • 02.敏速解決

    お客様の悩みを早期に解決する為には、速やかにご依頼者様の状況を把握し、その上で適切な調査を実施しなければなりません。
    当社相談アドバイザーは豊富な経験と知識を有し、個々のケースに応じて的確な調査をプランニングします。そして調査終了後は、お客様の心の支えとなれます様、親身になって今後の未来に向けてのアドバイスをしていきます。

  • 安心宣言

    “他社で調査をしたが、調査終了後に調査経費と称して高額な料金を請求された“とのお客様の声を未だに聞くことがあります。
    当社では、契約時に説明の無い後からの請求は一切ありません。
    調査のご相談・お見積りは秘密厳守の上、無料となっております。
    どの様な些細な疑問やご質問にも誠意をもって説明をさせて頂きますので、安心して何なりとご相談ください。